ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「唾くれおじさん」に有罪判決 東京地裁立川支部

1:西独逸φ ★:2012/03/27(火) 12:42:10.74 ID:???0
小学生の女児の唾を集めてビデオに撮影したとして、東京都迷惑防止条例違反(常習卑猥(ひわい)行為)の罪に問われた東京都東久留米市の警備員水野稔彦被告(56)に、東京地裁立川支部は27日、懲役10月、執行猶予4年(求刑懲役10月)の判決を言い渡した。

水野被告は地元などで子供らに「唾くれおじさん」と呼ばれていた。

弁護側は「みだらな言動に当たらない」と無罪を主張していたが、判決理由で有賀貞博裁判官は「被害者の羞恥心や嫌悪感は大きく、成育に及ぼす悪影響が心配される」と指摘。「社会通念上、性的道義観念に反する下品でみだらな言動に当たる」と述べた。

判決によると、水野被告は2009年9月から10年11月にかけ、都内で8~10歳の女児7人に「研究に使うから唾ちょうだい」などとうそを言い、フィルムケースに唾を吐き出させ、ビデオ撮影した。

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20120327-924011.html

>>続きを読む

スポンサーサイト

橋下市長を「彼氏にしたい」と考えている20代のOLが急増している

1:そーきそばΦ ★:2012/03/26(月) 21:46:42.39 ID:???0
橋下徹大阪市長(42)を「彼氏にしたい」と考えている20代のOLが急増中なのだという。
おとなしくて自己主張もあまりない草食系男子に嫌気がさし、「ハシズム」と形容される独善的で行動力のある男子に惹かれるようになっている、というのだけれど、本当なのだろうか。
「週刊プレイボーイ」が20代の252人のOLにアンケート調査したところ、「橋下市長を彼氏にしたい」と回答したのが全体の67%だった。

▲「オレについてこい!」的な男らしさ
このアンケート結果は「週刊プレイボーイ」の電子版が2012年3月22日付けで掲載し、ネットで大きな話題に発展している。
記事によると橋下市長を彼氏にしたい一番の理由は「オレについてこい!」的な男らしさで、わが道をゆくその姿でぐいぐい引っ張ってもらいたいし、刺激的な生活が送れそう、ということらしい。
「会社の同僚たちが『ハシモトさま』って呼んで萌えてます」という23歳OLのコメントも掲載されている。
橋下市長の言動は独裁者のようだと一部で批判され、ファシズムをもじって「ハシズム」などと形容されている。
しかし、このところの橋下市長の女性人気は、草食系男子に飽きたり、物足りなさを感じているためで、また、閉塞感が広がっている現代社会において、生活の変化や新しい体験がしたいと思うようになったOLが増えているためではないか、と記事では分析している。

このアンケートに関してネットでは、橋下市長はもともとモテていたし、若い女性に人気があるのは当然だ、という意見がけっこうある。

ソース ジェイキャストニュース
http://www.j-cast.com/2012/03/26126664.html?p=all
(続)

>>続きを読む

グーグルに自分の名前入れたら検索予測で酷い内容が→男性が予測機能差し止め請求、東京地裁が仮処分命令

1:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2012/03/25(日) 12:35:15.07 ID:???0
・「グーグル」に実名などの文字を入力して検索する際、途中から予測文字や補足情報を表示する「サジェスト機能」を巡り、日本人男性がプライバシーを侵害されたとして、米国のグーグル本社に表示差し止めを求める仮処分を申請し、東京地裁(作田寛之裁判官)が申請を認める決定をしたことが分かった。だが、米グーグルは「日本の法律で規制されない」と拒否し、被害が救済されない事態となっている。

男性の実名を入力しようとすると、途中からフルネームとともに犯罪行為を連想させる単語が検索候補の一つとして表示され、それを選択すると男性を中傷する記事が並ぶという。

男性は数年前、当時の勤務先で思い当たる節がないのに退職に追い込まれ、その後の就職活動でも採用を断られたり内定が取り消されたりする事態が相次いだという。このため調査会社に調査を依頼。その結果、あたかも犯罪に加担したかのような中傷記事がネット上に1万件以上掲載され、その中傷記事にサジェスト機能でたどり着くことが分かった。

男性は弁護士に相談の上、グーグル側に記事を削除するよう求めたが応じてもらえず昨年10月に「被害が重大で緊急に削除すべきだ」として、サジェスト機能の表示を差し止める仮処分を申請。地裁は男性側主張を全面的に認め、差し止めを命じる決定をした。

男性側は当初、グーグルの日米両法人を相手取っていたが、日本法人は「削除権限は米法人にしかない」と主張し、訴えの対象から除外した。米グーグルは「単語を並べただけではプライバシー侵害に当たらない。単語は機械的に抽出されており恣意的に並べているわけではない」と主張。「プライバシーポリシーに照らし削除しない」として、決定に従わないことを回答してきたという。

男性は代理人の富田寛之弁護士を通じ「グーグル側が決定に従わないことに憤りを感じる」と述べた。富田弁護士は「弱い立場の個人や中小の事業者は、こうした検索結果が表示されるだけで失職や倒産など取り返しのつかない被害が生じる。日本での被害なのに決定は米法人に執行できない。被害救済を実現するには法整備が欠かせない」と訴えている。(抜粋)

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120325k0000m040095000c.html

>>続きを読む

さらば「mova(ムーバ)」 NTTドコモ、3月末でサービス終了

1:影の大門軍団φ ★:2012/03/16(金) 11:24:18.56 ID:???0
NTTドコモの携帯電話サービス「mova(ムーバ)」が、31日で終わる。
携帯電話を1人1台もつ時代を切り開いたが、19年間の歴史に幕を下ろす。

後継の「FOMA(フォーマ)」などへの乗り換えが進むが、2月末時点で34万件の契約が残っており、ドコモは対応を呼びかけている。

ムーバは当初、アナログ方式の携帯電話名に使われていた。
その後、1993年3月に始まったデジタル方式の携帯電話サービス名として定着した。

アナログ方式より音声の品質が改善。小型化が進み、電波が届く範囲も広がった。
93年当時、携帯電話を持つには基本料金だけでなく、保証金10万円、新規加入料4万5800円が必要だった。

その後は次第に料金が下がり、いまは保証金も加入料もいらない。

http://www.asahi.com/business/update/0316/TKY201203150754.html



>>続きを読む

5年後には、日本の携帯全体の7割が「スマホ」に。出荷の殆どがスマホ…iPhone、Androidのシェア覆すのは困難か

1:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2012/03/16(金) 18:03:48.25 ID:???0
・3台に2台はスマートフォン(多機能携帯電話)に-。
調査会社MM総研は13日、国内携帯契約に占めるスマホの比率の5年後の予想をまとめた。
通信網高速化や端末の画質向上などで普及が加速すると見ている。

同総研は2017年3月末の国内スマホ契約予想は8119万台と、携帯全体の67%を占めると予想。
今年3月末予測は23%に当たる2552万台。10年12月開始のNTTドコモに加え、今年にはKDDIやソフトバンクも高速の3.9世代の高速サービスに参入、4月にはドコモ子会社がスマホ向け放送を始める点などが追い風になるとしている。

国内スマホ契約に占める米アップルの「iPhone(アイフォーン)」の比率は昨年末時点で37%、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載機種は58%。この時点のスマホ契約数は非公表だが、昨年3月末は契約955万台のうちアイフォーン50%、アンドロイド端末40%。
同総研はアイフォーン販売がKDDIとソフトバンクの2社に限られる現状が続けば、過半数に戻すのは困難と見ている。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M0T1096JTSEA01.html

・民間調査会社のMM総研は13日、2016年度のスマートフォン(高性能携帯電話)の国内出荷台数が3500万台を突破するとの予測を発表した。11年度実績見込みの2340万台から約1・5倍に拡大するとしている。

16年度の出荷台数は3555万台で、携帯電話全体に占める割合は83・4%になると予測。
12年度の出荷台数は前年度比19・2%増の2790万台と予想している。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120313/biz12031318030033-n1.htm

>>続きを読む

| NEXT>>

このブログについて
2ちゃんねるの色々なスレをまとめているブログです。
相互リンク・RSS募集中!!

このブログについて

メールフォーム

Author:fermemo
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
アクセスランキング
ゲーム
検索フォーム
おすすめ
アンテナサイト
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。